こんな症状Q&A
 

・よくある質問Q&A

 

こんな症状Q&A
   
Q. 頭を打って、たんこぶができたのですが。
Q. 麻痺は治りますか?
Q. しびれや痛みは治りますか?
Q. 脳波で頭の良し悪しがわかるのですか?
Q. 脳波検査のときにつける電極からは、電気がビリビリ流れたりしないのですか?
Q. 頭の病気は遺伝するのですか?
Q. 温泉、サウナが好きなのですが、毎日入ってもいいですか?
Q. 食事療法、運動療法と言われても具体的にどのようにしたらいいのでしょうか?
Q. 薬をもらうときは診察を受けないともらえないのですか?
Q. CTとMRIの検査の違いは何ですか?
Q. 先日、胸の写真を撮ったのですが、CTの検査をしても大丈夫ですか?
Q. 薬はいつまで飲めばいいですか?

 

 

頭を打って、たんこぶができたのですが。

たんこぶができたり、血が出たら大丈夫と言う人がいますが、根拠はありません。
たんこぶができる程、強い衝撃を受けたという事です。
頭蓋骨骨折や、頭の中に出血も考えられます。
脳神経外科での受診をおすすめします。

▲戻る

 

麻痺は治りますか?

一時的な虚血(きょけつ)によるものは回復しますが、症状にもよりますが、ある程度まで回復しますがそれ以上の回復はむずかしい場合もあります。

▲戻る

 

しびれや痛みは治りますか?

現時点では、脳卒中に伴ってみられる”しびれ”や”痛み”そのものの治療は困難ですが、薬物療法や物理療法などにより改善する可能性があります。

▲戻る

 

脳波で頭の良し悪しがわかるのですか?

脳波検査で記録される脳の活動状態とは、いわゆる頭の良し悪しとは関係なく通常の生活をしていくうえで機能的な働き具合のことです。

▲戻る

 

脳波検査のときにつける電極からは、電気がビリビリ流れたりしないのですか?

電極は、頭から出てくる脳波を記録するためのもので、電気が流れたりすることはありませんのでご安心下さい。

▲戻る

 

頭の病気は遺伝するのですか?
必ずしもそうとは限りません。身内に高血圧、糖尿病、心臓病などの既往がある方がいる場合は、なりやすい場合もあります。それよりも生活習慣病などの危険因子のおおい人ほど、脳卒中にかかる割合が高いといわれています。

▲戻る

 

温泉、サウナが好きなのですが、毎日入ってもいいですか?
サウナは短時間に大量の汗をかき、脱水状態になりますので基本的に避けた方がいいでしょう。温泉も長時間入りますと多量の汗をかき無意識のうちに脱水になり、血液の濃度が濃くなり、血液の流れが悪くなることにより、症状の悪化につながることがありますので、水分の補給を心がけて、休みながら入ることをお勧めします。

▲戻る

 

食事療法、運動療法と言われても具体的にどのようにしたらいいのでしょうか?
基本的にバランスのとれた食事がいいのですが、高カロリーなものを控え、塩分の摂りすぎにも気をつけてください。調味料などには塩分が意外に多く含まれていますし、菓子類も同様です。「薄味になれる」「汁物は汁を残す」「調味料はかけずにつけながら食べる」「食事の種類による塩分の大まかな量を知る」などが減塩のコツです。運動はウォーキングなら1日7000〜8000歩、理想は1万歩と言われていますが、自転車、水泳なども効果があります。これらは有酸素運動といいます。これ以外にもいろいろな運動がありますが、「運動は量よりも継続が重要」です。

▲戻る

 

薬は診察を受けないともらえないのですか?
顔を見たり、話をすることによってさまざまな変化に気づきますので、診察を受けることをお勧めします。

▲戻る

 

CTとMRIの検査の違いは何ですか?
CTはエックス線の透過を利用した頭の輪切りですが、MRIは強い磁石と電波を用いた精密検査と思っていただければよろしいと思います。MRIでは造影剤を使用せずに血管を見ることができ、小さな梗塞もよく見えます。

▲戻る

 

先日、胸の写真を撮ったのですが、CTの検査をしても大丈夫ですか?
病気の診断や治療をするためにはエックス線検査は必要な検査です。それに、診断領域のエックス線量はごくわずかですので心配いりません。

▲戻る

 

薬はいつまで飲めばいいですか?
薬を飲むのには、理由があります。けがや病気を治療し、症状を和らげたり、無くしたりするために使います。一度ダメージを受けた血管はなかなか元には戻らないので、薬を飲むことによって血管拡張や血液性状の改善、脳神経エネルギー代謝や直接脳に働き、細胞を活性化させる作用などがありますので、根気よく服用していくことが大切です。
脳血管障害の要因はいくつかありますが、高血圧によるものも多くコントロールは重要です。高血圧自体は、自覚症状は少ない場合がありますが、高血圧が続くと心疾患や脳血管障害などの重大な疾患につながりますので、自己判断で服用を中止すると、血圧の上昇などリバウンド現象が起こることがありますので、医師の指示以外の休薬はしないようにしてください。
                              ▲戻る
     
     

Copyright (c) 医療法人八宏会 河井脳神経外科  All Rights Reserved.

〒891-0114 鹿児島県鹿児島市小松原二丁目10番19号
TEL:099-267-7700 FAX:099-267-6198